見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

面壁九年

  面壁九年

     【故事】故事【解説】辛抱強く、一つの事に長い間取り組むたとえ。▼インドから中国に来た達磨大師が嵩山の少林寺で壁に向かって九年間も座禅を組んで悟りを開いたという故事から。張り子の達磨は、その座禅姿を模したもの。【出典】伝灯録。【同義語】九年面壁。・・・

  面壁九年

     【意味】長い間、一心不乱に勉学に励むことのたとえ。何事か成そうとして、長い間忍耐強く取り組むこと。【用例】●面壁九年、彼は寝食を忘れて『古事記』と『日本書紀』に取り組み、ついに日本古代史を新しい角度から書きかえた。彼の長年にわたる研究への打ち込み方は、達磨大師の面壁九年の故事を思・・・

  面壁九年

     ひとつの目的、仕事に長い年月をかけ、心を傾けること。面壁は、壁に面すで、壁に向かって座禅する意味。禅宗の基を開いた達磨が、少林寺で絶壁に面して黙座し、九年間座禅を続けて悟りを開いたという故事による。『伝燈録』。九年面壁。・・・


list2