見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

焚書坑儒

  焚書坑儒

     古代中国で、秦(しん)の始皇帝が、儒者の政治批判を禁じるために書物を集めて焼き捨て、多くの儒者を穴に埋めて殺したこと。・・・

  焚書坑儒

     【意味】言論や思想を統制すること。【用例】●民主主義の世の中では焚書坑儒のような厳しい言論や思想の統制は考えられない。言論や思想を統制すれば、焚書坑儒の現代版と非難されよう。【出典】『史記』秦始皇本紀【故事】秦の始皇帝が経典などの書物を焼き棄て、儒者を穴埋めにした。・・・

  焚書坑儒

     学問、思想弾圧の強硬手段。反文化的な暴政のこと。秦の始皇帝は前二一三年、丞相・李斯の「今や天下は統一され、法令も整備されました。医薬・農耕の書と、秦の記録以外の書物は、焼き捨てたほうがよろしい」という進言をいれ、民間の儒書類を集めて焼き捨てた。これを焚書という。また、この翌年に始・・・


list2