見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

樋口一葉

  樋口一葉

     作家。本名は奈津。東京生まれ。生活苦のなかで執筆、次つぎに作品を発表、森鴎外や幸田露伴らに絶賛されるが、わずか14か月の作家生活で、肺結核のため25歳で亡くなった。代表作に『たけくらべ』『にごりえ』『十三夜』など。ほかに14歳から書き続けられた『日記』も評価が高い。・・・

  樋口一葉終焉の地

     東京都文京区にある史跡。文京区西片1-17-8。明治の小説家であり歌人の樋口一葉(1872-1896年)の旧居跡。1894年この地に移った。うなぎ屋の離れで、6畳2間と4畳半の3間。庭にはがけの湧水で造られた池があったとされる。「にごりえ」「大つごもり」「たけくらべ」「ゆく雲」「・・・

  樋口一葉旧居跡

     東京都文京区にある史跡。文京区本郷4-32・31。明治の小説家であり歌人の樋口一葉(1872-1896年)の旧居跡。父の死後に移り、母と妹を養いながら小説家として立つ決意をした場所。半井桃水の指導を受ける。「闇桜」「たま襷」「別れ霜」「五月雨」「大つごもり」「たけくらべ」「にごり・・・

  樋口一葉の墓 1基

     東京都杉並区に伝わる文化財。杉並区永福1-8-1本願寺築地別院和田掘廟所内。所有者(管理者)は個人。樋口一葉(1872-1896年)は明治期の女流作家。「にごりえ」「十三夜」「わかれ道」「たけくらべ」などを著す。杉並区登録史跡(墓・碑)。・・・


list2