見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・7月(文月/July)
    ・20日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「小暑」から13日
    ┗「大暑」まで3日
    大安
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:17
    月名(旧歴日):立待月(たちまちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

二束三文

  二束三文

     数が多くても値段が非常に安いこと。{参考}昔、丈夫で大形の金剛草履が二足で三文という値だったことからとされる。・・・

  二束三文

     【解説】二束を引っくるめて三文ということで、非常に値段が安いことのたとえ。安く買いたたかれた時、あるいは多くの品物を投げ売りする時などに使う。・・・

  二束三文

     【意味】数が多くて、その上値段が極めて安いこと。品物をひとまとめにして、投げ売りする時などにも使う。【用例】●趣味で集めた使用済みの切手を売ろうとしたら、店の主人から「この手のものは二束三文ですよ」と念を押された。新刊本の氾濫する時代に、読み古しの文庫本などは二束三文にもならない・・・

  二束三文

     数が多くても値段が非常に安いこと。ふつう、物を投げ売りする場合の値段にいう。特価品のことだが、本当は安くないときもある。江戸初期の金剛草履が二足で三文であったことから出たといわれ、その後さらに誇張して「二束」と使うようになった。したがって二足三文と書いても間違いとはいえない。・・・


list2