見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・3月(弥生/March)
    ・26日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「春分」から5日
    ┗「清明」まで10日
    先負
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:19
    月名(旧歴日):寝待月(ねまちづき)/臥待月(ふしまちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

糖尿病

  糖尿病

     血液中の糖の濃度が高くなり、尿の中に糖が排泄(はいせつ)される病気。疲れやすく、のどが渇き、余病を起こしやすい。・・・

  糖尿病性網膜症 

     糖尿病の三大合併症のひとつ。網膜にある細い血管がもろくなって出血したり、詰まったりすることで新しく血管が出現し、網膜剥離を起こし失明の原因となる。・・・

  糖尿病性腎症 

     糖尿病の三大合併症のひとつ。血糖が高い状態が持続することで糸球体(しきゅうたい)が破壊されてしまうことから起こる腎臓障害。最終段階で透析療法に進む。・・・

  糖尿病性神経障害 

     糖尿病の三大合併症のひとつ。しびれ、こむら返りなどの感覚・運動神経障害、起立性低血圧などの自律神経障害、血管障害が原因の神経障害や糖尿病筋萎縮などがある。特に、痛みを感じにくいことがあるので、訴えがなくても壊疽(えそ)などの足病変や、低温やけどに注意する。・・・

  糖尿病 

     膵臓でつくられるホルモンで、体内の血糖値の維持にかかわるインスリンが体内でつくられない1型と、はたらきが十分でない2型がある。糖尿病のための食品交換表に則った食事制限や、インスリンを補充する服薬、自己注射でコントロールし、三大合併症を防ぐ。略称はDM。・・・

  糖尿病性網膜症

      糖尿病性網膜症は、糖尿病の三大合併症(他は腎症と神経障害)の1つで、発症頻度が高いにもかかわらず自覚症状のないままに進行して、失明に至ることもある重大な病気です。日本では、成人の失明原因の第1位が糖尿病性網膜症です。糖尿病で高血糖状態が続くと、全身の細い血管に異常が起こり、毛細・・・

  糖尿病

      糖尿病は血液の中に含まれるブドウ糖の濃度(血糖値)が高い状態が長く続く病気です。血糖値がある程度高くなると、尿の中にブドウ糖が漏れてくることがあるため、「糖尿病」と名づけられました。 私たちが日常摂取する糖質(ごはん、パン、お菓子、果物など)は唾液、膵液、腸液に含まれる消化酵素・・・

  糖尿病性腎症

      糖尿病性腎症は、糖尿病性網膜症、糖尿病性神経症とともに糖尿病の重大な3大合併症のうちの1つです。糖尿病性腎症は糖尿病がはじまった頃から進行しますが、最初の頃は腎臓の症状はありません。しかし約10年程度経過した頃から持続性のタンパク尿が出現し、さらにタンパク尿が高度になるとネフロ・・・


list2