見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・10日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から3日
    ┗「冬至」まで12日
    赤口
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:13
    月名(旧歴日):十三夜月(じゅうさんやづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

登竜門

  登竜門

     立身出世の関門。栄達のきっかけとなるような試験・コンクールなど。「文壇への―」{参考}中国の、黄河の上流にある竜門という急流を登り得た鯉(こい)は竜になるという故事による。・・・

  登竜門

     【解説】そこを通過すれば、立身出世することができる関門。▼「竜門」は黄河上流にある急流の場所で、ここを登った鯉は竜になるという伝説がある。【出典】後漢書。・・・

  登竜門

     【意味】有力者に取り立てられて有名になること。転じて、困難だが、そこを突破すれば立身出世ができるという関門。【用例】●ここの仕事は厳しいが、言わば登竜門で、ここで認められれば、前途有望だそうだ。芥川賞は作家の登竜門として、相変わらず権威を保っている。【出典】『後漢書』李膺伝【参考・・・

  登竜門

     現代の私たちがよく目にし、耳にする言葉の「登竜門」は、作家や音楽家、画家などが、その分野で新人デビューするときに、誇らしく通り抜ける関門というイメージで捉えられている。この門をくぐれば、一応その分野で一人前として、存在を認められることになる。例えば、「芥川賞」。芥川龍之介を記念し・・・


list2