見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・6日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「小雪」から14日
    ┗「大雪」まで1日
    友引
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

徒手空拳

  徒手空拳

     「徒手」を強めたことば。・・・

  徒手空拳

     【意味】手に何も持っていないこと。転じて、地位、資本などを持たないこと。【用例】●警察官は、ナイフをちらつかせている暴漢を、徒手空拳で逮捕した。学歴は中学校卒、徒手空拳の職人が業を興して半世紀、今や世界でも屈指の企業に成長した。【出典】(徒手)蘇軾「観捕魚詩」・(空拳)桓寛『塩鉄・・・

  徒手空拳

     素手。自分の力以外、何も頼るもののないこと。金も信用も人脈・コネもなく、着の身着のままで上京、今日の大を成したなどというとき、「徒手空拳から身を起こし……」といえばまさにぴったりのことば。・・・

  徒手空拳

     [意味]手に何も持っていないこと。転じて、頼るべきもの一つない我が身一つの状態のこと。「としゅくうけん」と読む。[用法]「資金的にも人材的に恵まれたAさんの事業が破綻し、方や徒手空拳ではじめたBさんの事業がここまで大きくなるなんて、ビジネスはわからないものだ」。「与党第一党が後援・・・


list2