見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

天王山

  天王山

     勝負の分かれめとなる重要な場面・機会。「次の試合がリーグ優勝の―となろう」{参考}京都と大阪の境にある山の名。この地で豊臣秀吉と明智光秀との天下分け目の戦いがなされたことから。・・・

  天王山

     【意味】勝敗の分かれ目になる大事な時、または場所。【用例】●このマラソンの天王山といわれる最後の上り坂で、彼はトップランナーを一気に抜き去って優勝した。今日の交渉が天王山とみて、労使共に緊張の面持ちで席に着いた。【故事】京都盆地と大阪平野の境にある天王山のふもとの山崎は、古来、交・・・

  天王山

     「この不況を乗り切るために、今開発中の製品を何とか世に出したい。今がわが社の天王山だからな……。」こんな檄を飛ばしている社長がいるに違いない。あるいは、受験生の場合、今の勉強次第で、希望校に入学できるか否かが決まる……というのであれば、彼あるいは彼女にとって、今はまさに天王山なの・・・


list2