見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

赤穂浪士

  赤穂浪士

     ■8 赤穂浪士の討ち入り装束はウソ?…史実とどこが違うのか 赤穂浪士による吉良邸討ち入りは、知らない人はいないほど日本人の定番となっているお話だが、これは、1702年に起きた史実の元禄赤穂事件を題材にして創作された、歌舞伎や浄瑠璃の脚本『仮名手本忠臣蔵』が原作である。この脚本が、・・・

  赤穂浪士

     赤穂浪士・・・

  赤穂浪士休息の地

     東京都江東区にある旧跡。江東区佐賀1-6-2。1702年12月15日早朝、赤穂浪士の一行による吉良邸討入りの後、赤穂浪士の一人・大高源吾と俳諧の友だった乳熊屋味噌店の初代作兵衛が一行を店に招き入れ、甘酒を振舞ったとされる場所。この場所で休息した赤穂浪士の一行は、その後永代橋を渡り・・・

  赤穂浪士討ち入りの日[12/14]

     1702(元禄15)年、大石内蔵助をはじめとする赤穂浪士47人が高家筆頭・吉良上野介の首を討ちとり、切腹に追い込まれた播磨赤穂藩主・浅野内匠頭の仇を討ちました。赤穂浪士たちの忠義は多くの大衆に愛され、この事件を題材とした多くの作品が作られ、現在にまで語り継がれています。・・・


list2