見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

心頭滅却

  心頭滅却

     【意味】心中の雑念を消し去ること。無念無想の境地にあれば、どんな困難にぶつかっても苦しみは感じないという意味。【用例】●心頭滅却して事に当たれば、おのずと道は開けるものだ。心頭滅却すれば火も涼しいとはいうものの、このごろの暑さには閉口している。【出典】杜荀鶴「夏日題悟空上人院詩」・・・

  心頭滅却

     「心頭を滅却すれば火もまた涼し」とは、やせ我慢のことではない。心の持ちようで、どんな苦難でもしのげるという心意気のこと。織田・徳川連合軍の猛攻で、武田勝頼は居城を捨てて敗走、菩提寺の恵林寺(山梨県塩山市)に逃げ込んだ。この寺の住職快川和尚が、包囲軍の目前で、燃える山門の楼上に端座・・・


list2