見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

自然淘汰

  自然淘汰

     自然界において、条件・環境に適応する生物は生存し、適応しない生物は滅びるということ。ダーウィンの進化論の学説。・・・

  自然淘汰

     【意味】生物界の自然選択をいう進化論の用語。転じて、時代の推移についてゆけない者が自然に滅び去ること。【用例】●公園のハトに黒ずんだものが多くなった。これは煤煙の影響で樹木の樹皮が黒くなったのに適応した自然淘汰の現象とみられている。この業界も御多分に漏れず、優勝劣敗あり、自然淘汰・・・

  自然淘汰

     生物が、自然環境、条件などに適応するものは残存し、そうでないものは死滅する現象。適者生存の原則。淘は、とぐ、すくう、より分ける意。汰は、すすぐの意。人為淘汰もある。適者生存。優勝劣敗。人為淘汰。・・・

  自然淘汰説

     進化論とは、「生物の種は時間とともに変化し、様々な生物は、その変化のなかで生まれてくる」という考え方である。なかでも、イギリスの博物学者チャールズ・ダーウィンの「自然淘汰説」が有名だ。生物が本来備える繁殖力が概して環境の収容力を超えるために、生まれた子どもどうし、またはほかの生物・・・


list2