見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

三囲神社

  三囲神社

     東京都墨田区向島に在る神社。草創は定かではないが、建立されたのは平安時代初期と伝えられている。・・・

  三囲神社の石造神狐

     東京都墨田区にある文化財。墨田区向島2-5-7三囲神社内。安山岩製。総高162cm、像の高さ75cm。左右の台座の裏面には「享和二壬戌年十二月吉日」と陰刻されている。三井三店(呉服・両替・向店)のうち向店が奉納したもの。墨田区登録有形民族文化財。・・・

  三囲神社の石造常夜燈

     東京都墨田区にある文化財。墨田区向島2-5-17三囲神社内。寛政十一年(1799年)四月銘の常夜燈。総高250cm。安山岩製。裏面に年号、基礎部分に「武州八王子井田林右衛門 同青梅小林十郎右衛門 甲州郡内殿上佐藤嘉兵衛 同鶴川志村四郎衛門 武州中神中野久治郎 同油平戸田彦兵衛」と・・・

  三囲神社 石造鳥居

     東京都墨田区にある文化財。墨田区向島2-5-17。「堤下の大鳥居」。墨堤側にある大鳥居。安政の大地震(1855年)で倒壊したが、1862年三囲神社を氏神としている三井家によって再建された。「三圍社」と書かれた懸額は綾小路有長の筆によるもので、1869年三井両替店より奉納された。墨・・・

  三囲神社本社

     東京都墨田区にある文化財。墨田区向島2-5-17三囲神社内。本殿・相の間・拝殿よりなる権現造。正面約3.7間、側面7.5間。本殿の屋根の四方に狐像を配している。本殿虹梁・海老虹梁に文様が刻まれている。安政の大地震(1855年)の後、1862年に平野忠八によって本社が再建された。1・・・

  三囲神社

     東京都墨田区にある神社。墨田区向島2-5-17。弘法大師の創建と伝えられる神社。元和年間(1352-1356年)に僧源慶が社殿の修復をした際、掘り出した神像の回りを白狐が三度回って消えていったという言い伝えがあり、この名が付いたとされる。境内には1693年の干ばつの際に俳人・宝井・・・


list2