見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・6日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「小雪」から14日
    ┗「大雪」まで1日
    友引
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

五臓六腑

  五臓六腑

     五臓と六腑(=胃・腸など)。転じて、腹の中。心の中。「―にしみわたる」・・・

  五臓六腑②

     ◆五臓六腑と奇恒の腑が臓器の全部 五臓六腑以外に「奇恒の腑」と呼ばれる臓器群があり、「骨・髄・脳・胆・女子胞・脈」などがあります。胆は六腑の一つであると同時に奇恒の腑にも数えられ、女子胞とは狭い意味での子宮、脈は血管と考えていいでしょう。 五臓六腑とこの奇恒の腑が、東洋医学で個別・・・

  五臓六腑①

     ◆栄養が気や血に変わる過程と六腑「五臓六腑にしみわたる」などというときの五臓六腑とは、もともと東洋医学の言葉で、もちろん体内にある臓器のことです。気・血・津液が体内をめぐる一種のエネルギーだとしたら、五臓六腑は食べ物から水穀の精微を取り出して、気・血・津液を作ったり運んだり、貯蔵・・・

  五臓六腑に沁みわたる

     【解説】腹の底まで沁みとおること。酒などを飲んだ時の感覚の表現。▼「五臓」は心臓・肺臓・肝臓・腎臓・脾臓、「六腑」は胃・胆・大腸・小腸・膀胱・三|焦のこと。なお、「三焦」は上焦(心臓の下)、中焦(胃の中)、下焦(膀胱の上)に分かれるとされていた。・・・

  五臓六腑

     【意味】東洋医学で内臓の諸器官の総称。転じて、体内。腹の中。心の中。【用例】●雪の凍りついた路上を強い風に吹かれて歩いていると、五臓六腑まで冷え切ってしまいそうだった。湯上がりのビールの一杯は五臓六腑に沁みわたる。【出典】『漢書』芸文志【参考】「五臓」は、心・肺・脾・肝・腎の五つ・・・

  五臓六腑

     五臓は、漢方で、肝、心、脾、肺、腎の五つの内臓。六腑は、大腸、小腸、胆、胃、三焦(腹部の消化作用のこと)、膀胱。一般に内臓すべて、からだ全体の意。・・・

  五臓六腑

     「あぁ、この酒は五臓六腑にしみわたる」などと言いながら、機嫌よく飲んでいる人がいる。この五臓六腑という表現、簡潔で古風な味わいのある言葉だが、いったいどの辺りを指しているのだろう?五臓六腑とは、中国伝来の医術である漢方の用語である。西洋医学の普及とともに一時は顧みられないときもあ・・・


list2