見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

眼光紙背

  眼光紙背(しはい)に徹(てつ)す

      書物の字句のうらにこめられた意まで読み取り、理解する。・・・

  眼光紙背に徹す

     【解説】眼の光が紙の裏まで通るということで、文章の表面上の意味だけでなく、その奥深いところまで読み取るたとえ。読解力が優れていることをいう。▼「眼光紙背に徹る」ともいう。・・・

  眼光紙背

     【意味】読書の理解力が深いさま。紙の裏側まで見通す意で、作者の意図を見抜くこと。【用例】●大学生になったら、多読する一方で、これぞと思う一冊の本を眼光紙背に徹するまで読むことを勧めたい。読者の中には、たった数行の寸評であっても、眼光紙背、筆者がたじたじとするほどの指摘をしてくる人・・・

  眼光紙背

     「眼光、紙背に徹す」という。目の光が紙の裏まで突き抜ける意。読書して字句の解釈にとどまらず、著者の深意や精神まで鋭くつかみとること。読書の理解力の鋭いさまをいう。・・・


list2