見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

隔靴掻痒

  隔靴掻痒

     【解説】靴の上から痒い所を掻く意味で、物事が思うようにならなくて非常にもどかしく思うこと。▼「靴を隔てて痒きを掻く」とも読む。【出典】詩話総亀。・・・

  隔靴掻痒

     【意味】靴の上から痒い所を掻くように、思い通りにいかないで、もどかしく、歯がゆい感じ。【用例】●ただ今のご答弁は要領を得ず、全く隔靴掻痒の感がいたします。質問者が納得のいくようなお答えをいただきたい。ベテランの管理職ともなれば、部下の仕事ぶりに隔靴掻痒の感を持つのは当然だが、反面・・・

  隔靴掻痒

     靴をはいたまま、足の裏を掻くのではもどかしい。はがゆくて腹が立つさま。思うようにならないこと。ものごとの徹底しないこと。騒痒と書かないように。沓を隔ててあなうらを掻く。御簾を隔てて高座を覗く。痒いところへ手が届く。麻姑掻痒。・・・


list2