見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

夏炉冬扇

  夏炉冬扇

     (夏のいろり、冬の扇の意から)時節はずれで役に立たないことや、もののたとえ。・・・

  夏炉冬扇

     【解説】夏の火鉢や冬の団扇は季節はずれ。そこから、時期はずれで役に立たないもの、あるいは不要な言論、無益な才芸などのたとえに使う。【出典】論衡。【同義語】冬扇夏炉。【類義語】月夜に提灯夏火鉢。・・・

  夏炉冬扇

     【意味】夏の火鉢、冬の扇のように、無益な言論や才能のたとえ。また、時期外れで役に立たない事物のたとえ。【用例】●生前は、夏炉冬扇などと陰口を叩かれることもあったが、死後、彼の著書は、その学科の基本図書になっている。季節を考慮しなければいいアイディアだと思うが、この時期になるといさ・・・

  夏炉冬扇

     季節はずれで無用になったものと、役に立たない人物や意見をさしていう。が、本当の意味は”ものは使いよう”だとする説もある。炉は火鉢、扇はうちわ。夏の火鉢や冬のうちわは無用だが「夏炉は湿を灸り、冬扇は火をアオぐ」ともある。こうなると、ものは使い方ひとつだということになる。『論衡』逢遇・・・


list2