見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

雲烟過眼

  雲烟過眼

     【意味】雲や霞が目の前を過ぎるのに心を動かさないように、物事に執着しないこと。【用例】●新任所長の雲烟過眼、物にこだわらない態度に、所員たちはほっとした。いつまでもくよくよしていても始まらない。雲烟過眼、さらりと忘れてしまいなさい。【出典】蘇軾「宝絵堂記」【類語】無欲|恬淡【注意・・・

  雲烟過眼

     烟は、かすみ、もやのこと。雲やかすみが眼前を過ぎ去っていくさまから、物事を深く心に止めないこと。また執着しないことをいうたとえ。たとえば、物事に淡泊なことを「雲烟過眼視する」という。蘇軾『宝絵堂記』。・・・


list2