見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・12月(師走/December)
    ・11日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から4日
    ┗「冬至」まで11日
    先負
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:3
    月名(旧歴日):三日月/初月(ういづき)/月の剣
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

一衣帯水

  一衣帯水

     一筋の帯のように狭い川や海。また、そのような水を隔てて、たがいの距離が近いこと。「―の地」↓「海」の{詞藻}・・・

  一衣帯水

     【解説】帯のような狭い海峡や細い川のこと。また、それを隔てた向こう側もいう。▼「衣帯」は帯。「水」は流れ。【出典】南史。【注意】「一、衣帯、水」または「一、衣帯水」と区切るのが正しく、「一衣、帯水」は誤り。・・・

  一衣帯水

     【意味】一本の帯のように狭い川や海。その川や海峡を隔てて土地や国が近接してること。【用例】●日本と朝鮮半島は一衣帯水の近さにあるが、民族性はだいぶ異なっている。一衣帯水どころか地続きの隣国でも、国交がなければはるかなる国である。【出典】『陳書』後主紀【注意】「いち、いたいすい」と・・・

  一衣帯水

     一筋の帯のように狭い川の意から、その川をはさんで二つの物の間が非常に近いというたとえ。衣帯は着物の帯のこと。意味からいうと「いちい・たいすい」ではなく、「いち・いたいすい」と読むべきだろう。「わが国と中国は、同文同種、一衣帯水の深い関係にある」などと用いる。『南史』陳後主紀。・・・


list2