見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

以心伝心

  以心伝心

     【1】〔仏〕禅宗で、教理をことばによらずに、師の心から弟子の心に伝えること。【2】無言でおたがいの心が通じ合うこと。・・・

  以心伝心

     【解説】ことばや文字によらず、心を以て心に伝えること。▼禅宗で深遠な真理や法を師の心から弟子の心に伝えることだったが、現在では何も言わなくてもお互いの心が通じる意味で広く用いられる。【出典】伝灯録。【類義語】拈華微笑。・・・

  以心伝心

     【意味】禅宗で悟りの極意を伝えるのに、心から心に伝えた。転じて、口で言わなくても気持ちが通じること。【用例】●母が意識をとり戻して私と目が合った瞬間に、手術の成功は以心伝心母に伝わったようだ。毎日一緒に仕事をしていると、以心伝心で、いちいち指図しなくても事がてきぱきと運ぶので助か・・・

  以心伝心

     仏法の奥義は深遠で、単なる文字や言葉では言い尽くせないところがある。それは、心から心へ伝える性質のものだ。また、言葉を用いなくとも、お互いに意思が通じ合うことをいう。禅宗の常用語。『六祖壇経』。不立文字。意在言外。・・・


list2