見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・18日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から10日
    ┗「小雪」まで4日
    先勝
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:21
    月名(旧歴日):二十日余りの月(はつかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

カンパ

  カンパリビア

     "暑い夏、「とりあえずビール!」で飲む1杯目は格別に美味しいものだが、ときにはちょっぴりお洒落にカンパリ・ビアにしてみては? ピンク色に染まったビールは普段とは違うよそいきの表情で、グラスを手にすると心まで華やいでくる。口に含めば、ビールとカンパリそれぞれがもつほろ苦さが調和して・・・

  カンパリソーダ

     "カンパリ・ソーダを考案したのは、カンパリ開発者の2代目・ダビデ氏である。白ワインをソーダで割る「スプリッツァー」からヒントを得て、それまでストレートで飲まれることが多かったカンパリの新しい飲み方を広めたのだという。独特のほろ苦さとほのかな甘み、カンパリ特有の美味しさはそのままに・・・

  カンパリオレンジ

     "さまざまなハーブやスパイスが使われているカンパリは、独特のほろ苦さが特徴。イタリア・ミラノ市でカフェを開いていたガスパーレ・カンパリ氏が開発し、1860年、「ビッテル・アリーソ・ドランディア(オランダ風苦味酒)」という名前で売り出したのが始まりだ。カフェのお客たちは、長い名前を・・・

  カンパニー

     会社。▽company・・・

  カンパ

     大衆に呼びかけて行う、政治運動などの資金募集。また、それに応じてお金を出すことや、そのお金。「資金―」▽(ロシア)kampaniyaから。・・・

  カンパン・ほか

     非常食としてメジャー。5年間など長期保存が可能。ほかシリアル類は栄養素も豊富で軽く持ち運びも便利。・・・

  カンパ

     【解説】ある目的のために大衆に呼びかけて募金すること。また,集まったその資金。【別表記】〔カンパニア〕ともいう。・・・

  カンパニー

     【解説】①会社。略号はCo.。【解説】②仲間。友達。【解説】③同伴。・・・

  カンパニー・ペーパー

     【送り項目】ハウス・オーガン。・・・

  カンパニー・マガジン

     【送り項目】ハウス・オーガン。・・・

  カンパニー・ユニオン

     【解説】御用組合。経営側の意向に沿うように作られた企業内労働組合。・・・

  カンパリ

     【解説】イタリア産の赤色で苦い酒。【補足解説】ビター・オレンジから作る薬酒で,ソーダで割って飲んだりする。・・・

  カンパチとハマチの違い

     ハマチが出世魚であるため、カンパチもその"出世コース"に乗っている同種の魚であると勘違いされることが多いが、実は両者は学名の異なる、分類上別の魚である(ハマチ=ブリの学名は「Seriola quinqueradiata」、カンパチの学名は「Seriola dumerili」)。ハ・・・

  カンパリ

     イタリア生まれのビター系リキュール。真紅の色と甘みと苦みが特徴で、アルコール度数24%。トリノのバーテンダーが1860年代にオランダ風苦み酒Bitter all'usod'hollandia(ビッテル アルーソ ドランディア)の名で売り出したのが最初とされる。ビターオレンジ、キャ・・・

  カンパリ・オレンジ

     イタリアの有名な食前酒カンパリをオレンジ・ジュースで割ったカクテル。カンパリの苦みを甘酸っぱいオレンジ・ジュースがやわらげている。日本でも人気が高い。◆作り方1.氷を入れたタンブラーに材料1~2を注ぐ。2.軽くステアし、スライス・オレンジを飾る。~ 材料 ~・カンパリ,45ml・・・・

  カンパリ・ソーダ

     世界中で飲まれているロング・ドリンク・カクテル。プレ・ディナー向き。さっぱりとした口当たりが特徴的。◆作り方1.氷を入れたタンブラーにカンパリを入れる。2.ソーダ水を満たし、オレンジを飾る。~ 材料 ~・カンパリ,45ml・ソーダ水,適量・オレンジ,1切れ・・・

  カンパリ(CAMPARI)

     ドランブイアルコール度数40度容量750ml参考価格2100円(税別)〔輸入元〕サントリー1745年にスコットランドで誕生。熟成15年以上のスコットランド・モルトを中心に、ヒースの花の蜂蜜や様々なハーブ、スパイスを加えた味わい深い。名称はゲール語で「満足の酒」の意。・・・


list2