見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・6月(水無月/June)
    ・25日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「夏至」から4日
    ┗「小暑」まで12日
    赤口
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:1
    月名(旧歴日):新月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

  

     キジ科の鳥。古くから世界各地で飼育され、種類が多い。卵や肉を食用とし、また愛玩(あいがん)用にも飼う。頭にとさかがある。・・・

  鶏を割(さ)くになんぞ牛刀(ぎゆうとう)を用(もち)いん

      小さなことを処理するのに大人物や大げさな手段を用いる必要はない。・・・

  鶏肋

     (ニワトリのあばら骨は食べるほどの肉はついていないが捨てるには惜しい、の意から)【1】たいして役にはたたないが捨てるには惜しいもの。【2】体が弱く小さなことのたとえ。・・・

  鶏卵

     ニワトリのたまご。・・・

  鶏糞

     ニワトリのふん。肥料用。・・・

  鶏鳴

     【1】(夜明けに)ニワトリが鳴くこと。また、その鳴き声。転じて、夜明け。あけがた。【2】一番どりの鳴くころ。丑(うし)の刻。今の午前二時ごろ。・・・

  鶏頭

     ヒユ科の一年草。夏から秋にかけて、ニワトリのとさかに似た赤紫色または黄色の花が咲く。・・・

  鶏肉

     (食用としての)ニワトリの肉。かしわ。・・・

  鶏舎

     ニワトリの小屋。・・・

  鶏口

     〔―となるも牛後(ぎゆうご)となる勿(なか)れ〕大きな団体のしりにつくよりも、小さな団体でそのかしらになったほうがましである。・・・

  鶏群の一鶴(いつかく)

      燭・遼淇佑涼罎念貎佑世韻④錣世辰討垢阿譴討い訖佑里燭箸─ ・・・

  鶏群

     【1】ニワトリの群れ。【2】(ひゆ的に)何のとりえもない人の集まり。・・・

  鶏冠

     ニワトリのとさか。・・・

  

     にわとり。家禽(かきん)の一種。「鶏頭・鶏肉・鶏卵・軍鶏(ぐんけい)・(しやも)・闘鶏・養鶏」・・・

  鶏群の一鶴

     【解説】鶏の群れの中に一羽だけ鶴が交じっているように、平凡な人間たちの間に傑出した人物が一人いて目立っていること。【出典】晋書。【同義語】野鶴の鶏群に在るが如し。【類義語】掃き溜めに鶴。・・・

  鶏口と為るも牛後と為る勿れ

     【故事】故事【解説】小さな組織の長になって支配するほうが、大きな組織の末端で支配されるよりもましだということ。▼「鶏口」は鶏の口で小組織の長を表し、「牛後」は牛の尻で大組織の末端を表す。中国の戦国時代に蘇秦が小国を連合して大国の秦に対抗しようとして説いたことば。「合従連衡」を参照・・・

  鶏鳴狗盗

     【故事】故事【解説】鶏の鳴き真似をしたり、狗(犬)のように盗んだりすることが巧みな卑しい連中のこと。▼中国の戦国時代、秦に幽閉された斉の孟嘗君が、こういう連中を使って秦の都を脱出し、函谷関の関所を無事に通過したという故事による。【出典】史記。・・・

  鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん

     【解説】小さな鶏を料理するのに、どうして牛を料理する大きな包丁を使うことがあろうかということで、小さな事柄の処理に大がかりな方法は必要ないというたとえ。小事には大人物は不必要という意味もある。【出典】論語。【類義語】大根を正宗で切る。・・・

  鶏鳴に起きざれば日暮に悔あり

     【名言名句】鶏鳴に起きざれば日暮に悔あり【解説】「早起きは三文の徳」「早寝早起きは健康、富裕、賢明となる道」ということわざを身をもって実践した人の言葉である。朝は暗いうちから起きて仕事に励めば、一日を充実して過ごすことができる。なまけて過ごした日は、就寝時、一日の反省をするときに・・・

  鶏群一鶴

     【意味】凡人の中に際立って優れた人が交じっていること。【用例】●彼は我々仲間の中では鶏群の一鶴ともいうべき大秀才だった。彼は、鶏群の一鶴と尊敬されたが、慢心することなく、謙虚な態度で後進を指導した。【出典】『晋書』UNI(5d46)紹伝【類語】鶏群孤鶴・・・

  鶏口牛後

     【意味】大きな団体の末のほうにつくよりは、小さな団体でもその先頭となるほうがよい。【用例】●ひそかに鶏口牛後をモットーとしていた彼は、その会社で働いて自信をつけ、独立に踏み切った。彼は最近の若い人には珍しく、「鶏口となるも牛後となるなかれ」とする気概を持っている。【出典】『戦国策・・・

  鶏鳴狗盗

     【意味】鶏の鳴き真似をして人をだましたり、犬のように物を盗んだりする卑しい人間。また、くだらない技能でも役に立つことがあるということ。【用例】●いくら困ったからといっても、老人を口先でだまして金品を巻き上げるとは、鶏鳴狗盗にも劣る人間だ。学力を問わず一芸に秀でた者を入学させる大学・・・

  鶏口牛後

     「寧ろ鶏口と為るも牛後と為るなかれ」という。たとえば、小さくとも”社長”のほうが、大会社の一員よりましだというときに使う。この言葉につられてスピンアウトし、失敗した”鶏口”は数知れない。独立は慎重に。戦国時代、雄弁家蘇秦は、七大国のうち特に強大な秦に対抗するためには、残り六国が団・・・

  鶏群一鶴

     鶏の群れの中に、美しい鶴が一羽。凡人のうちで、傑出して目立つ人物のたとえ。『晋書』ケイ紹。群鶏に孤鶴。嚢中の錐。紅は園生に植えても隠れなし。紅一点。泥中の蓮。はきだめに鶴。どんぐりの背くらべ。・・・

  鶏鳴狗盗

     いやしく、くだらない人間。こそ泥。こすっからい才覚のある小人物のたとえ。また、そんな人間も何かの役には立つということ。戦国時代、斉の孟嘗君は、多くの逸材を集め、評判が高かった。秦の昭王は、彼の勢力が強くなるのを恐れ、自国の宰相にと誘い、暗殺しようと企てた。孟嘗君は昭王の愛人に釈放・・・

  鶏卵素麺

     【商品紹介】地鶏の卵を使用し、黄味と白味を分け、黄味の方を煮えた水飴の中に流し込み、素麺の形を作った菓子。【賞味期限】30日・・・

  鶏糞

     文字通り鶏の糞のこと。イセ食品ではこの鶏糞を高品質な有機肥料にして、契約有機栽培農場へ提供しています。・・・

  鶏群動態表

     鶏の生まれてからの履歴書。親鳥の生まれたルーツや、成長過程が細かく記録されています。・・・

  鶏の祖先

     ~鶏の祖先~ 鶏の祖先については、2つの説があります。1つは、約4000年ほど前にインドの農耕民により、野鶏(ヤケイ)と呼ばれる野生種が家畜化されたものであるという説。もう1つは、約9000年前に東南アジアで家畜化されたものが中国に伝わり、改良されたという説です。日本では、約20・・・

  鶏肉のバジル炒め

     ★作り方画像①②③●材料(2人分)イセのたまご…2個 赤唐辛子…1本 鶏胸肉…300g バジル…10枚 玉ねぎ…1個 サラダ油…大さじ1 赤・黄パプリカ…各1/2個 揚げ油…適量 にんにく…1片 ごはん茶碗…2杯分 調味料…オイスターソース小さじ2、ナンプラー大さじ1、砂糖小さじ・・・

  鶏つくね

     ★作り方画像①②③④⑤⑥●材料(2人分)鶏ひき肉…150g 長芋…15g 卵黄…1個 万能ネギ…5本 片栗粉…大さじ1~2 サラダ油…小さじ2 調味料A…生姜の絞り汁:小さじ1/2、酒:小さじ1、醤油:小さじ1/2 調味料B…みりん:大さじ3、酒・醤油:各大さじ2と1/2、きび砂・・・

  鶏肉のピカタ

     ★作り方画像①②③④⑤●材料(2人分)鶏ささみ…4枚 小麦粉…大さじ1 オリーブ油…大さじ1 イセのたまご…1個 塩・こしょう…少々 白ワイン…大さじ1 ●下ごしらえつける衣はそれぞれバットにいれておく。●作り方1.ささみはしっかりと水分をふき、筋を取って塩・こしょうをする。ささ・・・

  鶏肉のカツレツ

     ★作り方画像①②③④⑤●材料(2人分)鶏ささみ…4枚 小麦粉…大さじ1 パン粉…大さじ3 パセリ…少々 白ワイン…大さじ1 イセのたまご…1個 粉チーズ…大さじ2 塩・こしょう…少々 オリーブ油…大さじ1 ●下ごしらえみじん切りにしたパセリ、パン粉、粉チーズは同じバットにあわせて・・・

  鶏めし弁当

     メディアで発表される駅弁ランキングで、常に上位に名を連ねる大館駅の「鶏めし弁当」が、空弁として登場したのは平成15年。大館の名物から、秋田を代表する物産へと大成した。中身は、ご飯の上に鶏肉のぶつ切りを配したオーソドックスな鶏めしスタイル。ご飯は秘伝のスープで炊いたあきたこまちで、・・・

  鶏めし弁当

     鶏めしの駅として知名度を誇るのは、西の北九州・折尾駅、東のここ大館駅が双璧だろう。明治32年(1899)創業の花善が、昭和22年に世に送り出したこの鶏めし弁当は、今も高い人気を誇る逸品だ。評判の理由は何より、当初の製法を守り続けてきたその味のよさ。秋田米あきたこまちを秘伝のスープ・・・

  鶏卵素麺[松屋菓子舗]

     和紙の箱を開ければ、目もくらむばかりの真黄色に驚かされる。形はといえば、長い糸束のような素麺状。数ある和菓子の中でも、これほど特異なものは類を見ない。店の創業は延宝元年(1673)と古く、鶏卵素麺は初代松屋利右衛門が長崎でポルトガル人から伝授されたものに工夫を凝らし創製したと伝わ・・・

  鶏卵饅頭[一笑堂]

     お客様を必ず笑顔で出迎えるように。この店があって楽しいと言われるように。美味しいお菓子が人々に笑みをもたらすように…。一笑堂の名前には、そんな思いが込められているという。「“一笑(ひとわらい)”でいいのです、お客様にちゃんと笑っていただける美味しいお菓子が作れれば…」と、八代目店・・・


list2