見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・9月(長月/September)
    ・21日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「白露」から14日
    ┗「秋分」まで2日
    先負
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:0
    月名(旧歴日):朔(さく)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

  甲論乙駁

     (甲が論じると乙が反対するというように)たがいに論じ合い反駁(はんばく)し合って、なかなか議論がまとまらないこと。・・・

  甲羅を干(ほ)す

      寝そべって背中に日光を浴びる。・・・

  甲羅

     【1】カメ・カニなどの背中をおおうかたい殻。甲。【2】年功。・・・

  甲羅を経(へ)る

     【1】年功を積んで、熟練する。【2】世間ずれしてあつかましくなる。↓「経験」の{類義表現} ・・・

  甲板

     「かんぱん」の船員用語。・・・

  甲虫

     鞘翅(しようし)目に属する昆虫の総称。前ばね・体が堅く、甲冑(かつちゆう)をつけたかのように見える。カブトムシ・コガネムシ・テントウムシなど。・・・

  甲高

     【1】手足の甲が張り出ていること。【2】甲の部分を高めにつくった履物。・・・

  甲状腺

     内分泌腺の一つ。のどの前下部、気管の両側にある馬蹄(ばてい)形をした器官。身体の発育・新陳代謝のためのホルモンを分泌する。「―ホルモン」・・・

  甲骨文字

     甲骨文。・・・

  甲骨文

     カメの甲や獣の骨などに刻まれた、中国古代の象形文字で、漢字の祖となったもの。甲骨文字。亀甲(きつこう)文字。{参考}殷(いん)時代に占いを記録するために用いられた。・・・

  甲殻

     エビ・カニなどの体をおおう殻。石灰質を多量に含み、かたい。甲羅。「―類」・・・

  甲掛け

     手や足の甲を保護するための布の総称。直射日光やほこりを避けるために用いる。手っ甲・脚絆(きやはん)など。・・・

  甲乙

     (十干の第一が「甲」、第二が「乙」であることから)【1】第一と第二。【2】優劣。「―(を)つけがたい」【3】だれかれ。「―の区別なく交際する」↓「善しあし」の{和漢}・・・

  

     【1】物の外面をおおう固い殻。こうら。よろい。かぶと。「甲殻・甲板(こうはん)・(かんぱん)・甲冑(かつちゆう)・亀甲(きつこう)・兵甲・装甲車・甲骨文字」【2】手足の上のほうの面。「手甲(てつこう)」【3】十干の第一。きのえ。「甲子(こうし)・(かつし)」【4】物事のはじめ。第・・・

  甲板

     船の上部の広く平らな部分。デッキ。・・・

  甲高い・疳高い

     声が鋭く高い。・・・

  甲走る

     声が高く鋭い調子でひびく。「―・った声」・・・

  

     (字義解説)↓こう・・・

  

     邦楽で、音や声の調子が高いこと。また、その調子で歌う部分。・・・

  甲状腺 

     首の中央にある蝶が羽を広げたような形の内分泌腺。表面に上皮小体(副甲状腺)といわれる別のはたらきをする内分泌腺がある。・・・

  甲状腺疾患と妊娠 甲状腺機能亢進症と妊娠

      妊娠に合併する甲状腺機能亢進症としては、甲状腺機能亢進症の代表的疾患であるバセドウ病のほかに、妊娠初期(妊娠7~15週ころ)に生じる一過性の亢進症(妊娠期一過性甲状腺機能亢進症;GTH、妊娠甲状腺中毒症などいろいろの呼び名がある)があります。これは胎盤から分泌される絨毛(じゅう・・・

  甲状腺疾患と妊娠 甲状腺機能低下症と妊娠

      甲状腺機能低下症としては代表的疾患の橋本病の他に、甲状腺手術後やアイソトープ治療後などでみられます。また、不妊検査などでヨード造影剤を使用した後に、軽度の低下症になることもあります。しかし、治療法は原因にかかわらず同じで、甲状腺ホルモンの補充が必要になります。・・・

  甲状腺機能低下症・慢性甲状腺炎/橋本病

      慢性甲状腺炎と橋本病は同意義に使われ、バセドウ病とともに代表的な甲状腺疾患です。頻度は高く、血中自己抗体のデータからは一般成人の10~25%の女性に橋本病の素質があると考えられます。しかし、甲状腺機能が低下したり甲状腺が腫大(しゅだい)したりして臨床的に問題になるのはその数分の・・・

  甲状腺腫瘍

      甲状腺の結節の頻度は非常に高く、最近は人間ドックのエコー検査などで偶然に発見されることも増えています。人間ドックのエコー検査で甲状腺になんらかの所見が認められる頻度は4割程度ともいわれ、年齢が上がるとさらに増えます。良性結節には、良性腫瘍(しゅよう)である腺腫のほか、腫瘍性病変・・・

  甲状腺機能亢進症 亜急性甲状腺炎

      甲状腺は気管前半部を囲むように位置する内分泌腺最大の臓器です。正常な甲状腺は柔らかく通常は外部から触れません。しかし甲状腺が大きく腫れたり硬くなると外部から触れるようになります。この甲状腺から分泌される血中甲状腺ホルモンの量が何らかの原因で増加したために起こるのが甲状腺機能亢進・・・

  甲状腺機能亢進症 無痛性甲状腺炎

      甲状腺は気管前半部を囲むように位置する内分泌腺最大の臓器です。正常な甲状腺は柔らかく通常は外部から触れません。しかし甲状腺が大きく腫れたり硬くなると外部から触れるようになります。この甲状腺から分泌される血中甲状腺ホルモンの量が何らかの原因で増加したために起こるのが甲状腺機能亢進・・・

  甲乙つけがたい

     優劣の差がなく、どちらがよいか決められない。▼この二人の歌唱力には甲乙つけがたい。▼甲乙つけがたく、両者とも入賞とした。【類語】「甲乙がない」【参考】「甲乙」は第一と第二。二者間の優劣。・・・

  甲羅を経る

     長い年数を経て熟練する。世間ずれする。▼彼の陶芸作品は、甲羅を経ているだけあって品質にばらつきがない。▼彼なりに甲羅を経て、若いころの慎ましさがなくなった。・・・

  甲論乙駁

     【意味】甲の論説に乙が反駁するというように、議論がまとまらないこと。【用例】●ゴミ処理場の移転問題が市議会で取り上げられたが、甲論乙駁で揉めるばかり、移転先はおろか、明確な方針すら決まらなかった。休日を子どもたちのためにどのように活用できるかがPTAで議題になったが、甲論乙駁、良・・・

  甲論乙駁

     議論がいろいろ出て、まとまらないこと。侃侃諤諤と議論百出し、百家争鳴する。駁は、まだらになっていること。動詞としては、まぜかえすの意味。・・・

  甲府勤番

     ■12 幕臣が泣いて嫌がった甲府勤番…一度入ると出られない、トラブル地域の恐ろしい職務 現代のサラリーマン同様、江戸幕府でも、失脚したりミスを犯して左遷されるのは日常茶飯事だった。切腹させられないだけ、ましかもしれない。 だが、そんななかでも、幕臣たちが泣いて嫌がったのが、甲府勤・・・

  甲州街道

     ●所在地山梨県白州町●概要(選定理由)江戸時代、153軒も立ち並んで繁栄した台ケ原宿場だが、現在は地域の生活道路として閑静な趣を呈している。・・・

  甲賀市

     【由来】飛鳥時代に明日香(奈良県)より鹿深臣という豪族がこの地を統治し、「鹿深」とされたといわれ、その鹿深が「甲可」、「甲加」、「甲賀」と変わった。【日本一】天然石の灯篭、忍術屋敷(日本で唯一残る)、櫟野寺木造十一面観音坐像(日本一大きい)【市役所】 528-8502  甲賀市水・・・

  甲斐市

     【由来】山梨県の旧名称。公募で決定。【日本一】御岳昇仙峡、サントリー登美の丘ワイナリー、信玄堤とおはやし【市役所】 400-0192  甲斐市篠原2610 TEL:055-276-2111【URL】 http://www.city.kai.yamanashi.jp/【市章の由来】・・・

  甲州市

     【由来】合併時に公募で決定。甲州の鎌倉、甲州ぶどう発祥の地、甲州街道要衝の地などの歴史から。【日本一】日本最古の日の丸の御旗、孫子(風林火山)の旗、日本のワインづくり発祥の地【市役所】 404-8501  甲州市塩山上於曽1085-1 TEL:0553-32-2111【URL】 ・・・

  甲府市

     【由来】「甲斐の国府」の意。【日本一】宝飾品、昇仙峡【市役所】 400-8585  甲府市丸の内1-18-1 TEL:055-237-1161【URL】 http://www.city.kofu.yamanashi.jp/【市章の由来】割菱は武田氏の家紋をとり、亀甲は「甲」の字の・・・

  甲良屋敷跡

     東京都足立区にある史跡。足立区千住旭町10-31千寿常東小学校内。甲良家別邸の跡地。甲良家は、近江犬上群甲良荘法養寺村の出身で、初代・甲良宗広から11代・棟孝まで徳川幕府に仕えた。建仁寺派と呼ばれた工匠の家柄。江戸城をはじめ、日光東照宮などの建築物の造営に関与した。1752年に建・・・

  甲州街道常久一里塚跡

     東京都府中市にある史跡。府中市清水が丘3-15。江戸時代初期に整備された甲州古道にある一里塚。日本橋から七里目にあたる。一里塚は、街道の両側に一里ごとに土を盛って里程を知らせた塚のこと。府中市の指定文化財。・・・

  甲州街道本宿一里塚跡

     東京都府中市にある史跡。府中市日新町1-10日本電気株式会社府中事業場内。一里塚は、街道の両側に一里ごとに土を盛って里程を知らせた塚のこと。府中市の指定文化財。・・・

  甲野勇氏資料

     東京都国立市にある史料。考古学者・甲野勇の所蔵資料。国立市の登録文化財。・・・

  甲府駅のおべんとう

     甲府駅の駅弁調製元だった甲陽軒が撤退し、穴を埋めるべく登場したのが小淵沢駅の老舗・丸政。同社が甲府駅限定の幕の内として売り出したこの駅弁は、早くもなくてはならない存在に。変哲のないネーミングだが、中身は逆に、名前のとおり甲府だからこそ生まれたおかずがメイン。それが、一口大に切った・・・

  甲州かつサンド

     テレビ番組から生まれた「元気甲斐」を始め、次々と話題性のある駅弁を発表し続ける丸政が、平成18年に販売開始したかつサンド弁当。素材は、やわらかく肉色もいいフジザクラポーク。山梨県畜産試験場が長年の研究開発の末誕生させた、自慢の銘柄豚である。かつはこの肉をスライスして、何層にも重ね・・・

  甲子園①

     高校球児の憧れの場所、甲子園。収容人数五万八〇〇〇人の大球場で、一九二四(大正一三)年八月一日に完成した。この年が、十干、十二支の最初である「甲」と「子」に当たる年だったため、ここから「阪神電車甲子園大運動場」と名づけられた。十干、十二支では、「甲」と「子」が最初の組み合わせであ・・・

  甲子園②

     甲子園球場で野球以外のスポーツ大会がおこなわれたことがある。甲子園開催としてはかなり意外なスポーツである。それは、スキーのジャンプ競技で、一九三八(昭和一三)年一月九日のことだった。大阪毎日新聞社主催の「第一回全日本スキージャンプ甲子園大会」である。ジャンプ台は、外野席からバック・・・

  甲子園の土

     甲子園大会では、敗れた選手たちがグラウンドの土を両手で集めて故郷に持ち帰るという慣習がある。汗と涙でぐしゃぐしゃになりながらも、一生懸命に戦った思い出の球場の土をかき集めるシーンをテレビで見ていると、こちらまでジーンとして胸が熱くなってくる。「甲子園の土」を拾うことを最初にしたの・・・


list2