見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・17日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から9日
    ┗「霜降」まで6日
    大安
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:26
    月名(旧歴日):二十六夜(にじゅうろくや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

  子生婦(こんぶ)

     子宝に恵まれるように、子孫繁栄・・・

  

     (字義解説)↓し・・・

  子葉

     種子の中の胚(はい)にある特殊な葉。発芽すると最初に地上に出る。・・・

  子房

     被子植物で、めしべの下端のふくらんだ部分。受精すると果実となる。・・・

  子弟

     子と弟。転じて、年少者。「―教育」{対}父兄・・・

  子孫

     【1】子と孫。【2】祖先から代々血筋を引いて生まれる人々。末流。後裔(こうえい)。{対}先祖・祖先・・・

  子息

     男の子供。せがれ。【用法】多くは、相手または他人の男の子供をいう。「御―様」↓「息子」の{詞藻}・・・

  子女

     【1】息子と娘。また、子供。【2】女の子。・・・

  子爵

     もと、五等の爵位(公・侯・伯・子・男)の第四。・・・

  子子孫孫

     まごこ代々。・・・

  子細・仔細

     【1】くわしい事情。一部始終。「―ありげな顔」「―を述べる」【2】〔打消を伴って〕さしつかえ。「―ない」↓「詳しい・細かい・わけ」の{和漢}・・・

  子午線

     【1】〔天文〕天球上で、天の北極からある地点の天頂を通って天の南極にいたる大円。【2】〔地学〕地球上の北極と南極を結ぶ大円。経線(けいせん)。・・・

  子宮

     哺乳(ほにゆう)類の雌の生殖器の一部。胎児を宿す所。人間の場合は骨盤に守られた下腹部にある。・・・

  子規

     ↓ほととぎす・・・

  子癇

     妊娠・分娩(ぶんべん)・産褥(さんじよく)中に突然けいれんを起こし失神する病気。一種の妊娠中毒症。・・・

  子音

     ↓しいん(子音)・・・

  子音

     発音するときの音声の一つ。出る息が、くちびる・歯・舌などの音声器官でさまたげられることによって生じる単音。=しおん。{対}母音(ぼいん) {参考}たとえば、ねこ(neko)の場合、nとkが子音。・・・

  

     【1】こ。こども。むすこ。「子女・子息・子孫・子弟・王子・孝子・妻子・太子・嫡子(ちやくし)・長子・父子・母子・養子・利子」【2】人に対する敬称。先生。特に孔子をさすときがある。「孔子・荘子・孟子(もうし)・老子」「子のたまわく」【3】物の名につける接尾語。「格子(こうし)・冊子・・・

  子別れ

     親が子と生き別れすること。・・・

  子安

     【1】子を安らかに生むこと。安産。「―のお守り」【2】「子安地蔵」の略。安産を守る地蔵菩薩(ぼさつ)。・・・

  子役

     映画や演劇などで子供が演じる役。また、子供の役者。・・・

  子持ち

     【1】(幼い)子供を持っていること。また、その人。【2】魚などが腹に卵を持っていること。【3】大小でひとくみになっているもの。・・・

  子守

     子供のもりをすること。また、その人。「―歌」・・・

  子煩悩

     ふつう以上に自分の子供をかわいがること。また、その人。・・・

  子偏

     漢字の偏の一つ。「孔」「孤」「孫」などの「子」の名称。・・・

  子分

     【1】仮に自分の子として扱うもの。義子。【2】ある人につき従う人。手下。部下。《{対}親分》・・・

  子福者

     子宝に恵まれている人。子供を多くもっている幸福な人。・・・

  子供の使(つか)い

      言われたままを相手に伝えるだけで、機転のきかない使者。謙遜(けんそん)としても使う。「―で申しわけありませんが」・・・

  子供は風(かぜ)の子(こ)

      子供は冬の北風にも負けないで外で元気に遊ぶということ。・・・

  子供騙し

     事情のわからない子供をだますような、見せかけだけのくだらないもの。みえすいたあさはかなやり方。・・・

  子供の日

     国民の祝日の一つで、子供の成長・幸福を祝う。五月五日。昔の端午(たんご)の節句の日にあたる。・・・

  子供

     【1】おさない子。年少者。{対}大人 【2】(ひゆ的に)未熟なこと。思慮が足りないこと。また、その人。「考え方がまだ―だ」【3】自分の子。息子や娘。・・・

  子宝

     (親にとって何物にもかえがたい宝である)子供。大事な子供。「―に恵まれる」・・・

  子沢山

     子供の多いこと。また、そのような人。「律義者(りちぎもの)の―」・・・

  子種

     【1】子を生むもとになるもの。精子。【2】家系を継ぐ子ども。「―に恵まれない」・・・

  子種を宿(やど)す

      妊娠する。・・・

  子方

     【1】手下。子分。{対}親方 【2】能楽などで、子供が演じる役。また、その子供。・・・

  子株

     【1】植物の親株から分かれてできた株。【2】増資して発行された株。新株。《{対}親株》・・・

  子飼い

     【1】鳥やけものを生まれて間もないうちから育てること。「―の鷹(たか)」【2】(仕事や芸を一人前にするために)未熟なうちから仕込み育てること。「―の職人」・・・

  子会社

     資本構成その他の関係から、実質的にはある会社の支配下にある会社。{対}親会社・・・

  子はかすがい

      子への愛情が夫婦の間をなごやかにし、またつなぎとめるということ。・・・

  子故(ゆえ)の闇(やみ)

      子に対する愛情にひかれて、親が思慮分別を失うこと。・・・

  

     【一】(名)【1】親から生まれたもの。実子のほかに養子・継子などもさす。「―を育てる」「かわいい―には旅をさせよ」「犬の―」「―持ちししゃも」{対}親 【2】まだ一人前にならない人や動物。幼いもの。「お―様ランチ」「かわいらしい―」【3】もとから分かれて、新しく生じたもの。「イモ・・・

  子宮内膜間質結節(ESN)

      子宮内膜の結合組織の腫瘍ですが、結節と診断された場合には良性腫瘍を表しています。結果的に「結節」と診断されれば、良性腫瘍ですから、切除のみで治療は終わるはずですし、予後の心配はいりません。しかし、実際の臨床では、非常に診断に苦慮します。病理組織学的診断は、細胞の顔つきの悪さや細・・・

  子宮頸管ポリープ

      子宮頸管とは、腟から子宮のなかに通じるトンネルのようなもので、頸管腺とよばれる腺組織で覆われています。子宮頸管部のポリープ上病変の大部分は子宮頸管ポリープであり、比較的頻度が高い病気です。通常は5mm~2cm程度の大きさのもので、子宮の入り口にある病変のため自分で気づくことはめ・・・

  子宮頸ガン

      30年にわたる研究の結果、ヒトパピローマウイルス(human papillomavirus;HPV)が子宮頸ガンの原因ウイルスであることがつきとめられました。HPVはヒトにイボ、あるいはイボのような病気をつくるウイルスですが、120種類以上の型(タイプ)があることがわかっていま・・・

  子宮内膜炎

      子宮内腔表面は子宮内膜という粘膜におおわれています。受精卵が着床する粘膜、妊娠が成立しなかった場合に、月経で剥(は)がれ落ちてくる粘膜です。 子宮内腔の内膜に炎症が起こった状態が子宮内膜炎ですが、炎症の原因のほとんどは細菌感染です。膣、子宮頸部から感染が広がっていく上行性感染と・・・

  子宮の形態異常

      子宮の形態異常は子宮の「形」の異常であり、子宮奇形ともいわれます。子宮奇形は生まれた時からのもので、あとから変化してできるものではありません。子宮の発生を説明すると、胎児期に2本の「ミュラー管」と呼ばれる管(くだ)の下側がくっついて癒合し、左右をわける壁がなくなることで子宮がで・・・

  子宮内膜細胞診・組織診

     膣を通して子宮の内部の組織を採取して顕微鏡的に精査する子宮ガンの検査。・・・

  子宮内掻爬

     人工流産や子宮の病気の治療のため子宮内膜の表面を引っかくようにして剥離する処置。・・・

  子宮後屈

      子宮後屈とは、子宮が反対側(背中側)に反り返ったような姿勢をしていることをいいます。通常、子宮は横からみると、前側(腹側)にむかってお辞儀をしているような姿勢をしています。このため、子宮後屈は「子宮の位置の異常」と定義されますが、症状などない場合には、とくに問題にはなりません。・・・

  子宮肉腫

      上皮(じょうひ)(皮膚や粘膜)の悪性腫瘍(しゅよう)をガンと呼びますが、肉腫は上皮以外の組織から発生する悪性腫瘍です。子宮の本体は平滑筋という筋肉ですが、袋状になっており、袋の内側は内膜と呼ばれる粘膜でおおわれています。子宮内膜は腺組織と腺組織を支持する結合組織(間質)からなり・・・

  子宮体ガン

      子宮体部とは子宮のなかで胎児を育てる袋状になっている部分ですが、子宮体ガンは子宮内膜という子宮の袋の内側を覆っている粘膜にできます。子宮内膜は、受精卵が着床する粘膜、月経で剥がれ落ちてくる粘膜です。子宮体ガンは、より正確にいうと「子宮内膜ガン」ということになります。 発ガンには・・・

  子宮膣部びらん

      子宮は場所によって底部、体部、頸部、腟部と名称が付いています。子宮腟部の最下端で腟に開口している部分を外子宮口(がいしきゅうこう)と呼びます。そのうち、子宮腟部は腟内へ突出している場所であり、通常の外来診察で肉眼的に観察が可能です。この子宮腟部に生じるのが子宮腟部びらんです。「・・・

  子宮脱、膀胱子宮脱

      子宮脱とは通常の子宮の位置よりも、子宮全体が下方に下垂(かすい)した状態のことを指します。子宮は前後左右、上下から様々な結合組織、靭帯、筋肉などで支えられ骨盤のなかに位置しています。これらの組織は総称して子宮支持装置と呼ばれます。よく例えでいわれるように、ハンモックに子宮が乗っ・・・

  子宮内膜症

      子宮内膜は女性ホルモン(エストロゲン)の作用により増殖して分厚くなり、排卵後の黄体が分泌するプロゲステロンの影響で分泌期に移行します。黄体が退縮してエストロゲン、プロゲステロンが分泌されなくなると、はがれ落ちます。これがすなわち「月経(生理)」です。子宮内膜症は、子宮内膜に似た・・・

  子宮筋腫

      子宮筋腫は子宮の筋層にできる良性の「こぶ」です。卵巣から分泌される女性ホルモンの1つであるエストロゲンの影響でその「こぶ」が徐々に大きくなっていきますが、逆に閉経すれば自然に縮小します。まれな病気ではなく、症状がない人でも厳密に診断すると、30代女性の3人に1人は筋腫があると言・・・

  子宮発育不全

      女児の場合、胎芽(たいが)と呼ばれる胎児の早い時期に、ミュラー管という2本の管状の組織が癒合し子宮および卵管、膣が形成されます。この過程が正常に経過しないと様々な奇形や子宮の発育不全が生じます。代表的な疾患として子宮の発育不全が重篤で、痕跡的な子宮のみを認めるロキタンスキー・キ・・・

  子宮復古不全

      子宮復古現象とは、子宮体の収縮によって子宮筋線維や子宮壁の結合織が萎縮する結果、子宮底の下降や子宮頸の復古が起こることをいいます。この復古機転が、種々の原因により障害された状態を子宮復古不全と呼びます。 原因としては、胎盤片や卵膜の遺残(いざん)によることが最も多く、その他、胎・・・

  子宝脛が細る

     【解説】「子は宝」とよく言われるが、その子のおかげで親は苦労するというたとえ。▼「脛が細る」は「脛をかじる」と同じ発想。【類義語】子は三界の首枷。・・・

  子の心親知らず

     【解説】子どもは親のことを案外思いやっているのに、親は察しないという意味。また、いつまでも子どもを無思慮だと思い込んでいる親のこともいう。・・・

  子は鎹

     【解説】鎹は材木をつなぎとめる器具であるが、夫婦の間で同じ働きをするのは子どもだということ。不仲になった夫婦でも、子どもがいるために破局を迎えない場合がある。▼「鎹」は木材などの合わせ目を固定するコの字型の大釘。「鎹思案」の項の図版参照。【同義語】子は夫婦の鎹。【類義語】縁の切れ・・・

  子供の喧嘩に親が出る

     【解説】子ども同士の喧嘩に親がくちばしを入れ、自分の子どもに味方すること。その結果、親同士の喧嘩に発展しがちである。したがって、大人げない振る舞いをしたり、余計な口出しをするなという意味。・・・

  子供は風の子

     【解説】冷たい風が吹く寒い日でも、子どもは戸外で元気よく遊び回るものだというたとえ。▼後に「大人は火の子」と続く。・・・

  子に過ぎたる宝なし

     【解説】この世にある宝物のどれも子どもに匹敵するものはない。子どもは人生最高の宝であるということ。【同義語】子にまさる宝なし。子は人生最上の宝。【類義語】千の倉より子は宝。・・・

  子故に迷う親心

     【解説】子どもがかわいいあまりに、親は理性を失って正しい判断ができなくなることが多いという意味。【同義語】子に迷う闇。子故の闇に迷う。【類義語】親に目なし。親の欲目。・・・

  子を知ること父に若くは莫し

     【解説】父親は自分の子の長所・短所を誰よりもよく知っているということ。▼「若くは莫し」は「及ぶ者はない」の意味。【出典】管子。【同義語】子を見ること親に如かず。・・・

  子を持って知る親の恩

     【解説】子を持って、育てる苦労をしてみると、はじめて親から受けた恩が実感できて感謝するという意味。【同義語】子持てば親心。子を育てて知る親の恩。・・・

  子は三界の首枷

     【解説】子どもの存在によって親は一生自由を束縛されるというたとえ。▼「三界」は仏教語で過去、現在、未来。「首枷」は罪人の首にはめる刑具。「首っ枷」ともいう。【同義語】子は厄介の首枷。【類義語】子宝脛が細る。・・・

  子を知る親に若かず然も子を知らざることもまた往々にして親に若かず

     【名言名句】子を知る親に若かず然も子を知らざることもまた往々にして親に若かず【解説】『自然と人生』に収められた『風景画家コロオ』の中で、コロオの父が息子コロオの絵の才能を信じないというくだりである。子どものことをいちばんよくわかっているのは、親であるが、いちばん知らないのもまた親・・・

  子どもを不幸にするいちばん確実な方法はいつでも、なんでも手に入れられるようにしてやることである

     【名言名句】子どもを不幸にするいちばん確実な方法はいつでも、なんでも手に入れられるようにしてやることである【解説】「子どもをダメにしたかったら、欲しがるものをなんでも与えることだ」という逆説的な教え。いつでもなんでも手に入れることができた子どもは、我慢することも、努力することも学・・・

  子どもは空を飛ぶ鳥である気がむけば飛んでくるし気に入らなければ飛んでいってしまう

     【名言名句】子どもは空を飛ぶ鳥である気がむけば飛んでくるし気に入らなければ飛んでいってしまう【解説】子どもというのは、鳥のように気ままな生きものである。好奇心にひきよせられるかのように飛んできたり、それが気に入らなければ、別のものに好奇の目を向けて、そちらに行ってしまったりする。・・・

  子どものからだも自然であるやわらかい皮膚、筋肉はらわた、血、それに骨魂のもとである神経や脳みそさ

     【名言名句】子どものからだも自然であるやわらかい皮膚、筋肉はらわた、血、それに骨魂のもとである神経や脳みそさえが物質という自然である【解説】子どもは、子どもである期間を十分に子どもらしく育てられなければならない。まわりの野原や小川といった自然との接触を活発に行って、自然のよいもの・・・

  子供は子供として完成しているのであって大人の模型ではない

     【名言名句】子供は子供として完成しているのであって大人の模型ではない【解説】毛虫と蝶が同じものであるはずがない。毛虫は毛虫として完成しており、蝶は蝶として完成している。それと同じで、大人も子どもも、それぞれに完成している。子どもは気ままであり、生命力にあふれ、好奇心に満ちて活発に・・・

  子どもの将来はその母の努力によって定まる

     【名言名句】子どもの将来はその母の努力によって定まる【解説】子どもにとって母親の影響がいかに大きいものであるかを述べた言葉。母の努力といっても、幼稚園受験のために徹夜で並ぶようなことをさしているのではない。母親が理想とする人間像を教育することによって、その子はいかようにも自らの運・・・

  子供に対する母親の愛はもっとも利己心のない愛である

     【名言名句】子供に対する母親の愛はもっとも利己心のない愛である【解説】母親の愛は、時としてわが子のためにその命を投げ出すこともあるほど強く深いものである。トルストイの言葉に「愛は惜しみなく与う」というのがあるが、母の子に対する愛こそ与えつづける愛、最も純粋な愛ではないだろうか。【・・・

  子どもは父母の行為を映す鏡である

     【名言名句】子どもは父母の行為を映す鏡である【解説】子どもは生まれて初めて接する人間である父母を見て育つ。両親をまねることで成長していく。だから、よくも悪くも親に似てしまうものだ。たしかに、小さな子を見ていて、ちょっとしたしぐさや口調が親とそっくりなのに驚くことがある。子どもは無・・・

  子供というものは初めは親を愛するしばらくすると裁くようになるかりに許すとしてもめったに許さない

     【名言名句】子供というものは初めは親を愛するしばらくすると裁くようになるかりに許すとしてもめったに許さない【解説】幼児期の子どもにとっては親がすべてである。甘えさせてくれたり、やさしく保護してくれたりする唯一の人。しかし、自我が目覚め、世間を見る目もしっかりしてくる年ごろになると・・・

  子供にとって一番の喜びは「学問」以前に「子供同士が友達をつくり合う」ことであり生まれてはじめての

     【名言名句】子供にとって一番の喜びは「学問」以前に「子供同士が友達をつくり合う」ことであり生まれてはじめての小学校における集団生活の経験だと自信を持って言うことができる【解説】幼いころから映画界に身をおき、なかなか学校にはいけなかった著者の実感であろうか。また、主演した映画『二十・・・

  子どもは五歳までにその生涯に学ぶすべてを学び終わる

     【名言名句】子どもは五歳までにその生涯に学ぶすべてを学び終わる【解説】幼児期の教育がその人の生涯にとっていかに重要な役割を果たすか、を説いた言葉。フレーベルがここで「学ぶ」といっているのは、数をかぞえるとか、文字を覚えるといった知育のことではない。子どもの遊びなどの創造的活動が、・・・

  子子孫孫

     【意味】子孫の末まで。子孫の続く限りという意味。代々。【用例】●祖父は、相続税がこんなに高くては、先祖伝来の屋敷を子子孫孫に伝えていくのは不可能ではないかと心配している。悲劇を繰り返さぬために、戦争の悲惨さは子子孫孫に語り継いでいかねばならぬ。【出典】『書経』梓材【注意】「孫孫」・・・

  子虚烏有

     架空の話。うそ、でたらめで何もないこと。子虚は、うそ。烏有は「いずくんぞあらんや」という反語。焼け出されたりして何もなくなることを、”烏有に帰す”という。『史記』司馬相如。烏有先生(架空の人物)。烏有に帰す。・・・

  子ども手当

     2009年衆参選における民主党のマニフェストとして掲げられ、2010年4月1日より施行予定。子どもを養育している者に子ども手当を支給することにより、次代の社会を担う子どもの成長及び発達に資することを目的とするもの。・・・

  子午線の名称

     「子午線(しごせん)」は、北極と南極を南北に結んでいるため、干支でいう方角の、北が「子(ネズミ)」、南が「午(ウマ)」という事からきている。・・・

  子の刻

     →子一つ・・・

  子ども手当法案

     民主党が中学校修了までの子どもに、一人当たり月額2万6000円を支給する「子ども手当」の支給を実現する法案。法案支給に必要な費用は全額国庫負担とすること、出生順位にかかわらず皆同額の手当額とすること、保護者の所得制限を設けていないことなどが特徴。・・・

  子弟

     年若い人。年少者。[基本例]「熱心に子弟を教育する。」「良家の子弟が多い学校。」[対語]父兄。[同音]子弟・師弟・・・

  子育て応援特別手当

     厚生労働省によって定められた手当の一つ。多子世帯における子育て負担への配慮として、第2子以降の児童について一人当たり3.6万円を支給するもの。2002年4月2日から2005年4月1日までの間の生まれで、高校卒業(18歳)までの第2子以降である児童が対象となる。各市町村の判断により・・・

  子会社化

     対象企業の株式を取得して子会社とすること。100%の株式を取得することを「完全子会社化」と言う。・・・

  子ども流鏑馬

     東京都大田区で1月に開催される行事。会場は六郷神社(大田区東六郷3-10-18)。紋服と袴を着た3~12歳の男子が、白布に4対の目を描いた的に矢を射る。子どもの開運・健康・成長を祈る行事。源平時代から始まったとされる。東京都の無形民俗文化財に指定されている。・・・

  子ども獅子舞

     東京都大田区で6月上旬に開催される行事。会場は六郷神社(東六郷3-10-18)。「六郷神社獅子舞」。笛などの楽奏に合わせ、3頭の獅子に扮した子どもたちが獅子舞を演じる。獅子の威勢が悪性の流行病や災害を除き去るとされる民俗芸能。大田区の無形民俗文化財に指定される。・・・

  子供の家愛育保育園 

     東京都荒川区にある保育園。荒川区西尾久7-26-4。運営は社会福祉法人興善会。開設は1958年9月。開所時間は7時30分から18時30分。受入月齢は生後8ヶ月以上で、11時間保育・緊急一時保育・育児相談などに対応している。 ・・・

  子ども家庭支援センター

     東京都荒川区にある区立機関。荒川区荒川5-12-10。子ども家庭支援ワーカー・地域支援ワーカー・専門相談員の相談スタッフによって、子育ての悩みなどを受け付けている。・・・

  子ノ神社

     東京都東久留米市にある神社。東久留米市小山1-14-25。1592年小山の領主・矢部藤九郎が勧請した社と伝えられている。祭神は大国主命。「丘のこみち」付近にある。・・・

  子易神社子安観音坐像

     東京都板橋区にある文化財。板橋区板橋2-19-20子易神社内。板橋区登録有形文化財(歴史資料彫刻)。・・・

  子ノ神

     東京都目黒区にあった旧地名。1889年の町村制施行以前の碑文谷村の小字名。現在の目黒区南1~3丁目一帯がおよそその地域に当たる。地名の由来は高木神社(南2丁目)にあるとされ、この神社が子ノ神を祀る地域の氏神になったことからこの地名が付いたとされる。・・・

  子育て稲荷

     →巣鴨大鳥神社・・・

  子ノ聖観世音碑

     東京都練馬区にある文化財。練馬区貫井5-7円光院内。練馬区登録文化財(有形文化財)。・・・

  子どもフェスティバル

     東京都中央区内の子どもたちが一同に集うイベント。様々な文化活動やスポーツ・レクリエーション活動を通して、他の地域の子どもたちとの交流を深める場と機会を提供することを目的としている。10月中旬に行われている。・・・

  子規庵

     東京都台東区にある建物。台東区根岸2‐5‐11。正岡子規が1952年(明治27年)から移り住み、亡くなるまでの約8年間過ごした場所。旧前田侯の下屋敷の御家人用二軒長屋の建物と言われている。病室兼書斎と句会歌会の場として、多くの友人・門弟に支えられながら俳句や短歌の革新に邁進した。・・・

  子育地蔵尊

     東京都渋谷区にある地蔵。渋谷区幡ヶ谷1‐1。1686年(貞亨3年)に建立された。子どもの安全を守り、苦難のときには身代わりになってくれるという言い伝えがある。・・・

  子どものIQ

     自分の子どもを少しでも頭の良い子にしたいと思ったら、まず部屋の中を見回して、どんな色使いがされているかをチェックしてみよう。なんと子どものIQは部屋の色によってかなり左右されることがわかっているのである。これは心理学者たちが三年がかりで、約五〇〇人の幼児を対象に行った調査で判明し・・・

  子ども・子育て支援新制度

     「子ども・子育て支援法」、「認定こども園法の一部改正」、「子ども・子育て支援法及び認定こども園法の一部改正法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」の子ども・子育て関連3法に基づく制度のこと。待機児童の解消など、子育て環境の充実をはかるため、政府や地域、社会が一体となって進める・・・

  子安いなり寿し

     登場したのは昭和28年というから、優に半世紀以上も続く人気の、子安いなり寿し。御坊駅からほど近い安産の神様・湯川子安神社の名前をいただいた縁起のよさも、人気の一因かもしれない。器には一口大のいなり寿司が一列に五つ。甘辛く炊かれた油揚げの中には、ゴマとみじん切りのシイタケを混ぜ込ん・・・

  子どもの日

     五月五日の「子どもの日」。男の子のいる家庭では、ゴールデン・ウイーク(以下GW)終盤の大事なイベントだ。昔から「端午の節句」「菖蒲の節句」ともいわれ、菖蒲湯に入ったり、菖蒲根をせんじて飲んで、その昔は、それで魔除けをする慣わしがあった。その「菖蒲」の音が「尚武(武道や軍事を重んじ・・・

  子持ち昆布

     おせち料理で、数の子同様欠かせない一品となっているのが、子持ち昆布である。ご存知の通り、「子だくさん」「家族繁栄」の意味を持ち、縁起のよい食べ物として知られている。その子持ち昆布にびっしりとくっついているツブツブは、昆布の「子ども」なのだろうか。海藻は卵を産むのだろうか。そんなは・・・

  子音

     五十音表で行を決定する音。例 カ行、ガ行、サ行・・・。・・・

  子育てサロン

     親子のコミュニケーション、リフレッシュ、世代を超えての交流の場として、年4回各種テーマを設けて行っています。・・・

  子福四季桜

     著:太田洋愛※電子書籍版では、高解像度にて閲覧頂けます・・・

  子どもが自立する直前は夫婦にとって危うい時期

     結婚して、子どもが産まれて、その子どもが自立して、また夫婦二人の関係になる。これが家族の形の典型的な変化です。調査によると、夫婦関係は結婚したときに一番「愛情得点」が高く、子どもができると低くなっていくそうです。なぜなら、妻の愛情が夫より子どものほうに向くからです。子どもに関心が・・・

  子どもの自立は「夫婦再婚」のチャンス

     夫婦は最初は二人だったので、当然、二人で会話をしているのですが、子どもが産まれ、子どもを交えたコミュニケーションになり、いつの頃からか、子どもがいない二人だけでの会話がぎこちなくなっていく。そんな夫婦は多いでしょう。子どもができるまでは普通にやっていたこと……たとえば腕を組んで歩・・・


list2